どんな音を出すべきなのか?〜テレフォンセックスの大切な部分〜

テレフォンセックスで相手を感じさせるためには、工夫をしないといけません。 その工夫をする所は、確実に音を工夫しないといけません。相手を触らずにセックスした気分にさせるのは難しいことで、普通のセックスの方がいいと感じる人は、多いと思います。相手と交わるのが音だけなので、音を工夫するのが重要になってくるのです。 わかりましたか? 自分の発する声や、物音で相手に想像させるのです。 それと同じで、自分も妄想してセックスをした気持ちになるのです。相手が見えないために、すごいオーバーな妄想をしてしまいます。 さらに電話でやるため、顔と合ってない言葉も言えます。実際のセックスでは有りえない事もできるのです。 そんな色んな事をやるためには、やはり音が重要なのです。 まずは自分の出来る音を考えて、いつその音を使うか、などを頭の中で構成しとくのが一番いい方法だと思います。 ぶっつけ本番でテレフォンセックスをやろうとしたら、絶対にうまく行きません。頭の中の構成をちゃんと考えて、テレフォンセックスをした方が、自分や相手にも、気を使わずにテレフォンセックスを行う事が出来るとおもいます。 最後、大切なことはよく想像する事です。 電話先から聞こえてくる音で想像するのです。次第にセックスをした気持ちになり、ナチュラルに口先から言葉が出てくるようになると思いますよ。

テレフォンセックスがとにかく好きな看護婦の体験談

今度の体験談は看護婦さんのものです。 看護婦として働き始めてまだ2年目の彼女の体験談になります。 彼女は総合病院の中にある小児科に勤務していました。 看護婦さんというイメージの通り、朝からずっと忙しい毎日です。 病院の近くに寮があるため、毎日が寮と病院の往復をするだけといった生活になってしまっていました。 これだけ忙しいのですから、彼氏ともうまくいきませんでした。 その後新しい男性との出会いもなく、ストレスのためか性欲が強くなってきたように感じていたのです。 これまでは、恋人がいない時に性欲が強くなっても仕方がありませんでした。 ですが、休みの日に出会い系サイトを覗いてみたのです。 疲れもあって、外に遊びに行く気にはなれませんでしたから。 その出会い系サイトで、わざわざ相手に会いに行かなくてもすむテレフォンセックスというものを知ったのです。 いつも忙しくて疲れている私にとって、家に居ながらして楽しむ事ができるテレフォンセックスはとても魅力的でした。 といっても、今までテレフォンセックスや出会い系サイトなどの経験はありませんでしたから、不安もありました。 ただ、会わずにすむためテレフォンセックスにはチャレンジしてみたのです。 その結果、寂しい日々とはお別れです。 どうして今まで利用しなかったのかと悔やむぐらい便利でした。 疲れていても、時間を気にせず自分の部屋にいて楽しむ事ができるのです。 この楽しみを知っているのは私だけかと思ったら、寮の中には他にもテレフォンセックスを利用している子がいるみたいでした。